トップページ 講演 セミナー デンマーク研修 著書 スケジュール デンマーク・日本いろいろ コンタクト
年に2〜3回来日し、全国各地で下記のようなさまざまなテーマの講演を行なっています。講演の趣旨は、「デンマークの社会を通して、これから日本が進むべき道を皆さんとともに考えること」です。
講演の対象者 一般市民、学生、現場職員、専門家、行政マン、政治家など
企画者・参加者はどなたでも構いません。
講演時期 春・夏・秋 各約1ヶ月
講演時間 通常90分+質疑応答30分(必要に応じて変更可能)
医療・福祉関連
  • 「つらい介護からやさしい介護へ」北欧式トランスファー介助法と働きやすい介護現場の環境を考える(医療福祉専門職向け)
  • だれにでもできる「やさしい介護」で介護家族も腰痛知らずになろう(一般市民向け)
  • デンマークにおける認知症ケアの実態と取り組み
  • 良いケアサービスとはなにか?  −日本とデンマークの違いを探る
  • 地域包括ケアを考える  −デンマークの職種をこえた連携プレー
  • 50年先を見据えたデンマークの新医療福祉政策とは?
  • 予防リハと予防介護  −デンマークにおけるさまざまな取り組み
  • 福祉テクノロジーを率先して導入したデンマークの意図と現状
  • テクノエイド/福祉用具はだれのためのもので、どう活用すべきか?
  • デンマークの地域医療を支える家庭医の役割とシステム
  • ターミナルケアを考える  −デンマークと日本の死生観の違い
  • デンマークの高齢者ケア3原則は日本で実現可能か
  • 介護の働き手をどう確保するか  −介護の仕事を安全でやりがいのあるものにするには など
教育、家族、子育て、ジェンダーとはたらき方、生き方・老い方
  • ゆりかごから墓場までのデンマーク式生涯教育
  • 学力とはなにか?  −日本式教育とデンマーク式教育の違い
  • 日本の18歳とデンマークの18歳
  • 家族ってなんだろう?
  • 日本とデンマークの若者の結婚観の違い  −少子化をどう食い止めるか
  • イクメンという言葉が存在しないデンマークの子育て  −その実態と支援システム
  • 女性が当たり前に働ける社会  −デンマークと日本の女性パワー活用法の違い
  • デンマークに学ぶジェンダー格差のない社会づくり
  • ワークライフバランス  −日本人のはたらき方とデンマーク人のはたらき方
  • ユニークなデンマークの労働市場と「フレキシキュリティー(Flexicurity)」
  • 団塊の世代はどう老いるべきか  −親の介護・伴侶の介護・自分の介護はだれが?
  • 2025年問題のある国ない国  −デンマークのシニアは重荷でなく社会貢献者!
  • ボランティア活動を支えるデンマークのシニアたち
  • デンマークにみるいきいき高齢者パワー など
社会、市民とくらし、政治、経済、デモクラシー
  • 高税国デンマークの国民がなぜ幸福度世界一なのか
  • 「ゆたかさ」ってなんだろう
  • 日本とデンマークの年金制度の違い  −退職後の暮らしと経済
  • 3つの人生と、ライフスタイルにマッチした住まいへの切り換え
  • 日本症候群(ジャパンシンドローム)のゆくえを見守る世界の目
  • 政治はだれのものか  −日本とデンマークの「デモクラシー」の違いと政治への関心度の違い など
開催時期やテーマ・費用などに関する詳細情報は、コンタクトのフォームよりお問い合わせください。
日本での講演と同じ内容のものを、デンマークを訪問される日本人グループにもご希望に応じて実施しています。
日本に関心を持つデンマーク人市民、企業、組織等を対象に、日本に関するさまざまなテーマの講演もおこなっています。
 
トップページ  | 講演  | セミナー  | デンマーク研修   | 著書   | スケジュール  | デンマーク・日本いろいろ  | コンタクト